サービス一覧

 抗菌・防カビコーティング

アドバンスコート

防カビ・抗菌コーティングの革命

ex4

安心安全で効果は長寿命「アドバンスコート」

「アドバンスコート」は空気中の酸素と水分を元に触媒反応によって活性酸素を強力に発生させ、強い酸化力で、接触してきた有機物や細菌の分子結合を切断分解し無害な二酸化炭素や水に変化させ優れた効果を発揮します。

このような問題を解決します
  • カビを落としても、またすぐに発生してしまう
  • 清掃した後も、常に抗菌状態を保ちたい
  • 手の届かない所、見えない所のカビを防ぎたい
  • 苔の繁殖を抑えたい

革新的テクノロジー

光触媒の欠点を克服した新時代の「アドバンスコート」

独立行政法人 産業技術総合研究所と国立大学法人 九州大学が、黒カビ・青カビで防カビ効果を証明!
さらに、黄色ブドウ球菌、MRSA、大腸菌、緑膿菌、レジオネラ菌などにも分解実証済み。
※コケ抑制効果も実証済み。

ご注文・商品一覧はこちらから

TEL 022-722-9901 受付時間 8:00〜17:00

工場での現場実証実験

本当にカビが生えにくくなるのか、実際の工場で実験

工場で、実証実験を行いました。2012年1月15日に防カビコートを塗布し、約1年後の2012年12月26日に汚染度を測定しました。

atp02

高温多湿のカビが生えやすい環境

atp01室内温度22.1度、湿度86%と非常に高温多湿の工場です。
温度・湿度ともにカビが発生しやすい環境です。

約1年後、塗布した場所は圧倒的にカビ・汚染が抑えられた

  • 塗布しない場所 6082RLU
    atp03
  • 塗布した場所 22RLU
    atp04

検査は、ATPふき取り検査法(食品衛生検査指針微生物編2004 厚生労働省監修 に掲載)です。塗布しない場所は、汚染度は6082RLUと非常に高い数値。しかし、塗布した場所は22RLUと圧倒的に汚染が抑えられた数値が出ました。目視で、カビの発生状況を見ても一目瞭然の差です。

抗菌・防カビコーティング施工事例

あるスーパーの結露による天井ボードのカビ発生

年中無休店舗の為、深夜1日で施工。
※毒性試験等で問題は有りませんが、生鮮食品も扱っているため養生を細かく行いました。

施工前
  • 天井のカビ
  • 天井のカビ
  • 天井のカビ
防カビ施工の様子
  • 防カビ施工
  • 施工前の養生
  • 防カビ施工

ご注文・商品一覧はこちらから

TEL 022-722-9901 受付時間 8:00〜17:00

厳しい検査結果に基づく安全性

抗菌力効果の検証・安全性の検証

下記機関の検査で、安全性が実証されました。

  • 平成23年度 宮城県・仙台富県チャレンジ応援基金事業
  • (財)日本食品分析センター
  • 宮城県産業技術総合センター

詳細なデータはこちらをダウンロードして、ご覧ください。
防カビ技術資料(PDFデータ/2013.6.4改訂)

重金属個別検査結果[(財)日本食品分析センター]
新防カビコーティング剤の重金属個別検査

重金属個別検査を実施した結果、重金属類は検出されず、安全性を検証されました。

抗菌力効果検査結果[(財)日本食品分析センター]
防菌効果検証(摂取24時間の様子)

防カビ性能検査を実施した結果、防カビ性能(抗菌力効果)が検証されました。

after

  測定1 測定2 測定3
接触直後 1.2E+04 1.6E+04 1.3E+04
24時間後 未塗布建材 3.1E+04 2.8E+04 2.8E+04
塗布建材 検出せず 検出せず 検出せず

ご注文・商品一覧はこちらから

TEL 022-722-9901 受付時間 8:00〜17:00

暗所でも防カビ効果を発揮!自然放射線で反応する触媒の実証実験

防カビ・消臭・防汚コーティング剤「アドバンスコート」は、光触媒の一つですが、暗所でも反応することで知られています。そのメカニズムがこのほど、九州産業大学名誉教授の川口俊郎博士によって確認されました。

自然放射線と活性作用

なぜ、光のない暗所でも活性化反応が起こるのか

アドバンスコートはなぜ、光のない暗所でも活性化反応が起こるのか。従来の光触媒との決定的な違いは、その素材に光で反応するチタン酸化合物だけでなくケイ酸化合物※1が配合されていることだ。同製品はこれにより「ケイ酸チタニウム系化合物」を構成している。
川口博士は暗所でも触媒活性に作用し得るエネルギーとして、地球上のどこにでも存在する自然放射線を想定したが、それを実証するには、自然放射線による活性化作用を数値化する必要があった。
自然放射線は大気中に存在する環境放射線で、宇宙線のほか、大地、岩石、建築構造物などから恒常的に放出されている。
光触媒では、光が当たった酸化チタンの表面に正孔と電子の電荷分離が起こり、その過程で活性酸素種(・O2−、H2O2、−OHなど)が発生することで、細菌や有害物質などが二酸化炭素や水に分解される。自然放射線による活性化は主に化合物内部のオージェ崩壊※2による点で光触媒とは異なり、暗所でも活性化のための励起で引き起こされる。

イオン電荷量を計測

自然放射線により触媒で活性作用が働いていることは、試料表面にマイナスイオン(活性酸素種はマイナスの電荷を持つ)がどれだけ発生しているか、すなわちマイナス電荷量を計測することで証明できる。
測定では二つの磁気浮上電極電離箱に「①触媒(計測対象の試料)を塗布したアルミ板」と「②アルミ板(参照用試料)のみ」を入れ、各電離箱内の電荷収集電極をプラスにチャージ、各試料にはガンマ線を放出するセシウム137(137Cs:自然放射線の作用の多くはガンマ線による)を線源とする自然放射線強度の約1.6倍と約1.2倍の放射線を照射し、マイナス電荷量を測定した。放射線照射によって試料から生じる正味の電荷量は、約1.2倍と約1.6倍の放射線照射で得られた①の測定値から②の測定値(参照用:バックグラウンド)を差し引いて算出した。なお、自然放射線の1.2倍と1.6倍の放射線を照射したのは、自然放射線の強度は最低と最高で約2倍程度(場所によって差異がある)の範囲で季節・時刻によって変動しているためである。

実験結果

アドバンスコートが、自然放射線によって活性化作用を示していることが証明された
放射線強度 マイナスイオン
電荷量[C/s]
最小検出
限界値[C/s]
有意の差 表面発生
電荷量評価
KK70 1.6倍 3.0E-16 1.3E-16 あり
1.2倍 2.2E-16 4.8E-17 あり
KK80 1.6倍 1.8E-16 7.8E-17 あり
1.2倍 3.8E-16 5.5E-17 あり
GTC-113 1.6倍 1.4E-16 1.3E-16 あり
1.2倍 0.0 6.5E-17 なし ×
KB40 1.6倍 2.2E-16 5.7E-17 あり
1.2倍 9.8E-17 5.8E-17 あり

測定結果を表に示した。アドバンスコートは試料「KK70」に当たる。他の試料はそれぞれ「アドバンスコートのテスト仕様の触媒」(=KK80)、「防汚コーティング剤」(=GTC- 113 )、「アドバンスコートの初期型仕様の触媒」(=KB40)である。
数値の見方が分かりにくいが、「マイナス電荷量(C/s※3)」がすなわち活性化のレベルで、数値が大きいほど活性が大きい。ただし、単純にこの電荷量を見るのではなく、最小検出限界値(=測定器で測定できる限界値)と比較して評価しなければならない。電荷量が最小検出限界値より大きければ、統計的に有意な差があり、試料から活性酸素種が生じていることを示している。
まず、触媒を塗布していないアルミ板には、自然放射線の1.6倍の放射線に対し、1.29×10−17(C/s)という表面電荷量が測定された。この値は最小検出限界値1.3×10−17(C/s)より小さい値であり、マイナスイオンは発生していないことが分かる。
この環境下でKK70では、自然放射線の1.2倍および1.6倍の放射線照射に対し、それぞれ2.2×10−1(6 C/s)、3.0×10−1(6 C/s)の電荷量が測定され、この値はいずれも最小検出限界値と比較して大きく、放射線照射によってマイナスイオンが発生していることが認められた。
KK80やKB40も、触媒素材の配合率の違いなどにより影響の大小の差はあるものの、同じく放射線照射によってマイナスイオンが発生していることが分かった。一方、GTC-113については、マイナスイオン発生が少ないか、認められなかった。これは、ガラス表面塗布用のバインダー剤を使用している関係で、試料の膜厚などに影響したと考えられる。
誌面の関係で細かい検証内容については省略するが、以上の測定結果により、アドバンスコートが、自然放射線によって活性化作用を示していることが証明されたのである。

※1 ケイ酸化合物:一般的には「ケイ酸ソーダ(ナトリウム)」で知られ、せっけんの添加剤や接着剤で使用される。
※2 オージェ崩壊:高エネルギーを受け、原子から放出される特定のエネルギーを持ったオージェ電子により、原子核が安定な状態に変化する現象。
※3 C/s:1 秒当たりの電荷を表す。

新聞・業界紙で紹介されました

ご注文・商品一覧はこちらから

TEL 022-722-9901 受付時間 8:00〜17:00

アドバンスコート作業事例

現地調査から見積もり、施工、定期検査、アフターフォローまで責任を持って対応いたします。一般家庭から食品工場まで承ります。

サービス一覧はこちらです。

  • ex1トイレ
    消臭、抗菌加工し衛生環境を維持します。
  • ex2空調機
    内部のカビ・菌の繁殖を防ぎ空気環境を改善します。
  • ex3食品倉庫・冷蔵庫
    内部の抗菌と共にカビの繁殖を抑えます。
  • ex4食品施設
    天井や壁に加工し長時間防カビ効果を維持します。
  • ex5浴室
    高温多湿の状態でもカビの繁殖を長時間防ぎます。
  • ex6冷媒管
    パイプの結露によるカビの繁殖を抑えます。
  • ex7水槽等のコケ
    水槽、水耕栽培等で発生するコケの発生を長時間防ぎます。

作業をご依頼いただいた「お客様の声」を紹介しております。

ご注文・商品一覧はこちらから

TEL 022-722-9901 受付時間 8:00〜17:00

お問い合わせ・お見積もり依頼 お待ちしております。

ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。
TEL 022-722-9901 受付時間 9:00~17:00

お問い合わせ・お見積もり依頼

ページ上部へ戻る