サービス一覧

アドバンスコート  抗菌施工


インフルエンザ・コロナウイルス・風邪などの予防にアドバンスコートの抗菌施工を

アドバンスコート抗菌施工

オンラインショップ 業務用商品を緊急販売中!

「除菌」と「抗菌」の違いと意味

一時的に菌を取り除く「除菌」

除菌とは「菌を取り除く」ことです。

菌やウイルスを取り除く事はできますが、効果は一時的なものです。そのため、菌やウイルス対策のためには定期的に作業を繰り返さなければいけません。製品としては、アルコールや次亜塩素系除菌剤などがあります。薬用せっけん・市販薬など、医薬品・医薬部外品での表示では「殺菌」と表示できます。

長期間 菌の増殖を抑制する「抗菌」

抗菌とは「菌の増殖を抑制する」ことです。

菌が住みにくい環境をつくるため、一度コーティングすると効果が長期間持続します。多数の方が出入りする施設・設備には、菌やウイルスの接触感染対策として抗菌施工をおすすめします。

効果が長期間持続するアドバンスコートの「抗菌施工」

壁・天井・机・ドアノブ・便器などに

当社のアドバンスコートは、菌の増殖を抑制する「抗菌」のコーテイング剤です。一度コーテイングすることにより、壁・天井・机・ドアノブ・便器など塗布した場所を長期間継続して抗菌効果を発揮します。

※接触面に対し抗菌効果を発揮しますので、空間除菌とは異なります。(接触感染対策とお考えください)

専用エアガンにて微粒子コーティング施工する為、備品の移動や養生が極力必要ありません。

※施工後はエタノール臭が残りますが、翌日には自然に無くなります。(送風機による強制排気も可能です)

アドバンスコートの特長

  1. 高い抗菌効果!ウイルス性試験・アレルゲン不活化試験で実証済み
  2. 厳しい検査結果に基づく安全性
  3. あらゆる物や場所に塗布可能
  4. 長く安定した効果を持続
  5. 母材を傷めず高い密着性
  6. 暗くても高い効果を発揮

高い抗菌効果!ウイルス性試験・アレルゲン不活化試験で実証済み

インフルエンザウイルス・ネコカリシウイルスの抗ウイルス性試験でSEK基準を上回る結果

一般社団法人 繊維評価技術協議会は、繊維状の特定のウイルスの数を減少させる製品に「SEKマーク(抗ウイルス性加工マーク)」の認証をしています。評価基準は、繊維製品の国際標準の試験方法「抗ウイルス性試験方法」です。SEK基準では活性値「3」以上が十分な効果と認められています。アドバンスコートKF-70Wはそれを上回るデータでクリアいたしました

ネコカリシウイルスでの抗ウイルス性試験(本試験)
試料 ウイルス感染価(PFU/vial) ※2 常用対数平均値 減少値【M】※4 抗ウイルス活性値【Mv】※3
無加工試料※1 接種直後 【lg(Va)】 6.77 0.4
2時間放置後 【lg(Va)】 6.34
KF-70W 2時間放置後 【lg(Va)】 <2.30 ≧4.5

ヒトノロウイルスは、現在のところ細胞培養の方法が確立されていないため、代替ウイルスとしてネコカリシウイルスを用いて評価されています。

※1 無加工試料:標準布(綿) ※2 PFU:plaque forming units ※3 抗ウイルス活性値【Mv】= lg(Va) – lg(Vc) ※4 減少値【M】= lg(Va) – lg(Vb)(試験成立条件:減少値【M】≦1.0)

※試験概要…試験ウイルス:ネコカリシウイルス(F-9) Feline calicivirus; Strain: F-9 ATCC VR-782、宿主細胞:CRFK細胞(ネコ腎臓由来細胞)、試験担体(標準布):0.4g、洗い出し液:Fetal Bovine Serum を終濃度10%になるように添加した SCDLP 培地、接触条件:25℃、2時間、感染価測定法:プラーク測定法

アレルゲン不活化試験結果「ダニ虫体」で98.1%以上、「スギ花粉」では99.6%以上の低減率を確認

アドバンスコートを塗布し、それにアレルギー物質が付着した時にどの程度低減できるかという内容です。結果、「ダニ虫体」で98.1%以上の低減率、「スギ花粉」では99.6%以上の低減率を確認できました。

検体と対照にアレルゲン溶液を所定量添加し、4℃で16時間反応させます。反応後アレルゲン溶液を回収し、そのアレルゲン濃度をELISAにて測定しました。 (検体:アドバンスコート KF-70W、対照:ブランク)

反応後の検体と対照のアレルゲン量を比較することにより、検体によるアレルゲン低減率を算出しました。

  • アレルゲン低減率(%)=(Y-X)/Y×100
  • X:検体と反応後のアレルゲン量平均値(ng)
  • Y:対照と反応後のアレルゲン量平均値(ng)

アレルゲン不活化試験報告書(PDF)

厳しい検査結果に基づく安全性

防菌効果検証(摂取24時間の様子)

抗菌力効果の検証・安全性の検証

下記機関の検査で、安全性が実証されました。

  • 平成23年度 宮城県・仙台富県チャレンジ応援基金事業
  • (財)日本食品分析センター
  • 宮城県産業技術総合センター

新触媒「アドバンスコート」と光触媒の違い

光触媒は光が当たらないと活性反応が起こらない

これまで、抗菌・防臭・防汚・防カビには「光触媒」が利用されてきました。
光触媒は光のエネルギーで科学反応を起こし、その結果抗菌や防汚などの働きが生じる作用です。

しかし、光触媒は光(紫外線)が当たらないと活性反応が起こらないという欠点を持っています。その欠点を克服した新しい触媒が「アドバンスコート(チタンとケイ酸のカップリング製品)」です。

  • 光のエネルギーで科学反応を起こす
  • 光が当たらないと反応しない

光は使わず、自然放射線のエネルギーで化学反応を起こす

光がまったくない暗所でのエネルギーの供給源は放射線以外にはなく、高い抗菌・防臭は自然放射線による励起の結果によるものであるとして、この作用を「自然環境放射線触媒」と名づけられました。

  • 自然放射線で科学反応を起こす
  • 暗闇でも反応する

新聞・業界紙で紹介されました


  • 河北新報2016.7.14

  • 月刊 食品工場長 2016年8月号

導入例

さまざまな場所を抗菌でき、長期間の効果を発揮します。

  • 老健・介護施設
  • 病院
  • 幼稚園・保育所
  • 公共機関・交通機関
  • 自動車
  • オフィス 等

まずはお気軽にご相談ください

アドバンスコートは、抗菌・殺菌・防汚・防カビ・消臭など衛生管理のプロ集団 オプスで施工を承っています。お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

メールフォームからのお問い合わせ

施工のご相談・お見積もりはこちら

お電話でのお問い合わせ

TEL 022-398-7840(受付時間 8:00〜17:00)

製品案内

アドバンスコートシリーズ KF70W スプレーボトル200ml

アドバンスコートシリーズ KF70W スプレーボトル200ml

メーカー希望価格 ¥9,500+税

さらに特価販売中!

オンラインショップ

特徴

チタン化合物のナノ粒子がコーティング後内部に残るため、効果が長い期間持続します。

使用方法

塗布面にスプレーし、薄い布やスポンジ等で延ばしながら薄く塗ってください。多くスプレーしても効果は変わりません。エタノールで希釈してありますので、すぐに乾燥します。そのままでも抗菌状態が継続しますが、塗布後12時間程度触れないでおくと密着度が高く効果が長くなります。塗布面が汚れたらやわらかい布で拭き上げてください。
塗布面は乾燥した状態で塗布し、防カビの場合はカビを落としてからスプレーしてください。

  • 主成分:エタノール・IPA、精製水、チタン化合物
  • 容量:200ml(※3LDK:ドアノブ・手摺・便座・スマホ・机・テーブル・机等2回分程度)
  • 注意事項:エタノールを使用しておりますので、換気及び火気・高温には注意してください。皮膚に付いても問題は有りませんが、敏感な方は手袋・マスク等をご使用ください。
  • スカロープレミアム
  • 撃退ドットマン
  • 抗菌施工
  • 二酸化塩素剤 クローツ

お問い合わせ・お見積もり依頼 お待ちしております。

お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。
TEL 022-398-7840 受付時間 9:00〜17:00

お問い合わせ・お見積もり依頼